飛田周山(読み)ひだ しゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛田周山 ひだ-しゅうざん

1877-1945 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治10年2月26日生まれ。久保田米僊(べいせん),竹内栖鳳(せいほう)らに師事。明治36年岡倉天心を茨城県五浦(いづら)に案内し,のちの日本美術院五浦研究所設立のきっかけをつくる。国定教科書の挿絵も担当した。昭和20年11月22日死去。69歳。茨城県出身。本名は正雄。作品に「幽居の秋」「神泉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android