コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幽居 ユウキョ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐きょ〔イウ‐〕【幽居】

[名](スル)世を避けてひきこもって静かに暮らすこと。また、その住まい。閑居。
「徒(いたず)らに―して堆書塵埃の裡に身を屈し」〈織田訳・花柳春話〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうきょ【幽居】

( 名 ) スル
俗世間を避けてもの静かな所にひきこもって暮らすこと。また、その住居。閑居。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

幽居の関連キーワード佑・優・勇・友・右・宥・幽・悠・憂・揖・有・游・湧・猶・由・祐・融・裕・誘・遊・邑・郵・酉・雄虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸小室 翠雲三条 実美飛田 周山中御門経之後光厳天皇足利義輝山鹿素行光明天皇真田信繁寂室元光山崎闇斎光厳天皇大友義統水野忠辰吉田松陰平岩親吉真田昌幸飛田周山

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android