コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田米僊 くぼた べいせん

美術人名辞典の解説

久保田米僊

日本画家。京都生。名は寛。幼名米吉。別号に錦麟子。鈴木百年の門。民友社に入り新聞挿絵に新生面を開き、日清戦争時には画報記者として従軍、画才をふるった。やがて眼疾により失明ののちは俳諧狂歌や評論にいそしんだ。明治39年(1906)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くぼた‐べいせん【久保田米僊】

[1852~1906]日本画家。京都の生まれ。本名、満寛。鈴木百年(すずきひゃくねん)に師事。「国民新聞」の挿絵を担当し、報道画に新分野を切り開いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田米僊 くぼた-べいせん

1852-1906 明治時代の日本画家。
嘉永(かえい)5年2月25日生まれ。鈴木百年に師事。明治13年幸野楳嶺(ばいれい)らと京都府画学校を創立。23年国民新聞社にはいり,26年のシカゴ万国博覧会,27年の日清(にっしん)戦争の報道記録画は時事風俗画に新生面をひらいた。明治39年5月19日死去。55歳。京都出身。本名は満寛。代表作に「半偈捨身(はんげしゃしん)」。著作に「米僊画談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

久保田米僊

没年:明治39.5.19(1906)
生年:嘉永5.2.25(1852.3.15)
明治期の日本画家。京都生まれ。名は寛,幼名米吉。慶応3(1867)年鈴木百年に師事し,維新後,京都画壇の興隆をめざして明治11(1878)年画学校の設立を建議した。師風を継ぐ雄渾な画風で知られ,内国絵画共進会,内国勧業博覧会で受賞を重ねる。また22年パリ万博で金賞を受賞し渡仏して『京都日報』に寄稿。24年には上京して『国民新聞』に入社し,26年のシカゴ万博,27年日清戦争従軍の記事を報じた。『米僊漫遊画譜』『米僊画談』などの著書があるが,33年に失明。以後は俳句や評論活動を行った。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

久保田米僊の関連キーワード西沢 仙湖久保田米斎矢沢 弦月福田 眉仙久保田金僊名取 春仙田南 岳璋西沢仙湖明治時代今尾景年矢沢弦月畑 仙齢名取春仙野原桜州田南岳璋福田眉仙飛田周山久保田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android