コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨紅かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

飛騨紅かぶ

岐阜県高山市で生産されるカブ表皮は赤く、中は白い。来歴不詳だが栽培の歴史は古く、室町時代に伝播してきたともいわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

飛騨紅かぶ[根菜・土物類]
ひだべにかぶ

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に高山市・飛騨市で生産されている。古くから赤紫色の丸かぶである八賀かぶの産地であったが、1918(大正7)年に発見された突然変異の紅色かぶから飛騨紅かぶが生まれた。秋の冷涼な気候によりやわらかく肥大し、赤かぶ漬けの原料として利用される。飛騨・美濃伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

飛騨紅かぶの関連キーワード岐阜県高山市東海地方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android