コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井雅庸 あすかい まさつね

美術人名辞典の解説

飛鳥井雅庸

安土桃山・江戸前期の公卿・蹴鞠家。飛鳥井雅敦の子。初名は雅継・雅枝。法号は芳光院尚雅、一字名蘭。従三位・従二位をへて権大納言に至る。早くから歌道に励み、昭高院准后道澄から古今伝授を、藤木成定から入木道伝授を受けた。また後水尾天皇徳川秀忠細川忠興島津家久に蹴鞠を指南するなど諸道に通じた。元和元年(1615)歿、47才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井雅庸 あすかい-まさつね

1569-1616* 織豊-江戸時代前期の公卿(くぎょう),歌人。
永禄(えいろく)12年10月20日生まれ。飛鳥井雅賢・雅章の父。和歌と蹴鞠(けまり)の家職をつぐ。後水尾(ごみずのお)天皇,徳川秀忠,細川忠興(ただおき)らに蹴鞠をおしえる。書にもすぐれた。従二位,権(ごんの)大納言。元和(げんな)元年12月22日死去。47歳。初名は雅継,雅枝。名は「まさもち」ともよむ。家集に「入道大納言雅庸卿百首」,日記に「雅継卿記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飛鳥井雅庸

没年:元和1.12.22(1616.2.9)
生年:永禄12.10.20(1569.11.28)
安土桃山・江戸前期の公家。初名雅継,雅枝。飛鳥井雅敦の長男。慶長18(1613)年1月従二位に叙せられ,元和1(1615)年12月権大納言に任じられた。家職の和歌,蹴鞠にすぐれ,道澄(聖護院,照高院)より古今伝授を受け,のちに後水尾天皇に蹴鞠を指南した。文禄3(1594)年豊臣秀吉の吉野花見に同行し,さらに高野山参詣にも従った。また,駿府において徳川家康に『源氏物語』の奥義を伝授するほか細川忠興,島津家久らへ蹴鞠を指南した。詠歌に『入道大納言雅庸卿百首』,日記に『雅継卿記』1冊が残されている。

(藤田恒春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

飛鳥井雅庸 (あすかいまさつね)

生年月日:1569年10月20日
安土桃山時代;江戸時代前期の歌人;公家
1616年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

飛鳥井雅庸の関連キーワード飛鳥井雅章佐川田昌俊難波宗勝生年月日難波家歌人

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android