コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水尾(みずお)

3件 の用語解説(水尾(みずお)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

水尾(みずお)

長野県、株式会社田中屋酒造店の製造する日本酒。平成21、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みずお【水尾】

長野の日本酒。酒名は、水尾山のふもとより湧き出る銘水の仕込み水にちなむ。純米大吟醸酒、特別純米酒 金紋錦仕込み大吟醸酒純米吟醸酒、特別本醸造酒などがある。平成23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は長野県産の酒造好適米、金紋錦、ひとごこち、しらかば錦など。仕込み水は水尾山の湧水。蔵元の「田中屋酒造店」は明治元年(1868)創業。所在地は飯山市大字飯山。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水尾
みずのお

「みずお」ともいう。京都市の西端、右京区の愛宕山(あたごやま)南西麓(ろく)にある山間地区。早くから遊猟の地であった。清和(せいわ)天皇は譲位後、水尾山寺に隠栖(いんせい)することを定められたが、東山(ひがしやま)の円覚(えんかく)寺で没した。その後円覚寺が焼失し、水尾山寺を円覚寺と称することになった。また清和天皇陵(水尾山陵)がある。現在はユズ、ビワなどの果樹の栽培が盛んで、ユズは全国に出荷される。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水尾(みずお)の関連キーワード牧水東の麓麓井《ケニア山のふもと》浅間嶽金瓢養老頼母鶴富士横綱八洲鶴酔牧水

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone