コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水尾(みずお)

デジタル大辞泉プラスの解説

水尾(みずお)

長野県、株式会社田中屋酒造店の製造する日本酒。平成21、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みずお【水尾】

長野の日本酒。酒名は、水尾山のふもとより湧き出る銘水の仕込み水にちなむ。純米大吟醸酒、特別純米酒 金紋錦仕込み、大吟醸酒、純米吟醸酒、特別本醸造酒などがある。平成23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は長野県産の酒造好適米、金紋錦、ひとごこちしらかば錦など。仕込み水は水尾山の湧水。蔵元の「田中屋酒造店」は明治元年(1868)創業。所在地は飯山市大字飯山。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水尾
みずのお

「みずお」ともいう。京都市の西端、右京区の愛宕山(あたごやま)南西麓(ろく)にある山間地区。早くから遊猟の地であった。清和(せいわ)天皇は譲位後、水尾山寺に隠栖(いんせい)することを定められたが、東山(ひがしやま)の円覚(えんかく)寺で没した。その後円覚寺が焼失し、水尾山寺を円覚寺と称することになった。また清和天皇陵(水尾山陵)がある。現在はユズ、ビワなどの果樹の栽培が盛んで、ユズは全国に出荷される。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水尾(みずお)の関連キーワード輪王寺宮守澄入道親王一乗院宮真敬法親王仁和寺宮性承法親王大覚寺宮性真法親王円通寺(京都市)梶井宮盛胤法親王滋賀県高島市拝戸守澄入道親王後光明天皇光子内親王修学院離宮花と火の帝東照大権現後水尾上皇盛胤法親王賀子内親王翰林五鳳集仙洞御所愚堂東寔烏丸資慶

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水尾(みずお)の関連情報