コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥圭洲 あすか けいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥圭洲 あすか-けいしゅう

?-1755 江戸時代中期の儒者。
肥前長崎の人。家は貿易商。長崎に来遊した細井平洲と親交をむすび,名古屋で平洲の師中西淡淵(たんえん)にまなぶ。のち江戸にすむが,塾をひらかなかった。宝暦5年10月死去。名は淵。字(あざな)は子静。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飛鳥圭洲の関連キーワード忠海鶴屋南北ホメオパシー大阪の製鏡業犬や猫の殺処分アルファマ尾崎雅嘉海保青陵経義考コメルシオ広場