椋鳥(読み)むくどり

精選版 日本国語大辞典「椋鳥」の解説

むく‐どり【椋鳥】

〘名〙
ムクドリ科。全長約二四センチメートル。全体に黒色で、顔と腰に白い羽毛がまじり、嘴(くちばし)と脚は橙色。アジア大陸北東部に分布し、日本では各地にすみ、北のものは南に渡って冬を越す。群れをなしてすみ、人家付近でも普通に見られる。ムクノキの果実を好むところからこの名がある。《季・秋》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 江戸の町に出て来た田舎もの。また、その人をあざけっていう語。
※歌謡・松の葉(1703)一・早舟「おちょぼちょぼ様の、なりはむくどりじゃ、こえは鶯じゃ」
③ 特に、冬季、信越地方などの雪国から江戸に出て来た出かせぎ者をいう。
※雑俳・柳多留‐七三(1821)「むく鳥も毎年くると江戸雀」
④ 取引相場で素人の客をいう。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「椋鳥」の解説

むく‐どり【×椋鳥】


㋐ムクドリ科の鳥。全長24センチくらい。くちばしと脚が橙黄色、背面は黒褐色で、顔に不規則な白斑があり、飛ぶと白い腰が目立つ。大群をつくり、リャーリャーと鳴く。昆虫や果実を食べる。日本では大部分が留鳥白頭翁。むく。 秋》「―のこぼれ残りし梢かな/立子
㋑スズメ目ムクドリ科の鳥の総称。旧大陸に百数種が分布。コムクドリ・ホシムクドリなどや九官鳥が含まれる。
田舎から都会に出て来た人をあざけっていう語。おのぼりさん。
「町からは毎日毎日ポンぴきが―を引張って来る」〈漱石・坑夫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「椋鳥」の解説

椋鳥 (ムクドリ)

学名Sturnus cineraceus
動物。ムクドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android