コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しょくeclipse

翻訳|eclipse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しょく
eclipse

人工衛星やロケットなどの宇宙機が,地球の影に入って,日陰状態になる現象。まれに月の影に入ることもいう。人工衛星は,太陽光の照射を受けて電力を発生させており,食に入ると搭載している蓄電池で電力を補う必要がある。また,太陽光は,衛星の熱バランス (温度状態) を維持する上でも重要な要素である。このように,食は人工衛星,ロケットの設計や運用に重要な影響を与えている。静止衛星では,春分,秋分の時期に,最長約 72分間の食が発生する。放送衛星のように大電力を必要とする衛星では,食期間の運用を制限せざるをえないのが現状である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うか【食】

《「うけ(食)」の音変化。複合語として用いる》食物、特に稲のこと。「の御魂(みたま)」「の女(め)」

うけ【食】

食物。「もちの神」

け【食】

《「笥(け)」と同語源》食物。食事。
「―訖(をは)りて散(あか)れむとするに」〈舒明紀〉

し【食】

たべもの。食物。「一箪(いったん)の一瓢(いっぴょう)の飲」

じき【食】

たべもの。食物。
「諸(もろもろ)の鬼は人の―を盗みて食(くら)ふを役とす」〈今昔・九・三六〉

じき【食】[漢字項目]

しょく

しょく【食】

食べること。「が細い」「を断つ」
食べ物。「に飢える」「低カロリー
食事。また、その回数を数える語。「三昼寝付き」
扶持米(ふちまい)。食禄(しょくろく)。

しょく【食/×蝕】

ある天体の全部または一部を、他の天体が覆い隠す現象。日食月食のほか、星食掩蔽(えんぺい))、惑星による衛星の食、連星における食、静止衛星が地球の影に入って太陽電池パネルに光が当たらない状態などもいう。

しょく【食】[漢字項目]

[音]ショク(漢) ジキ(呉) [訓]くう くらう たべる はむ
学習漢字]2年
〈ショク〉
たべる。「食事食欲食料飲食菜食試食少食草食徒食馬食偏食捕食飽食
食事。「食膳給食欠食減食粗食昼食定食夜食和食
たべもの。「主食副食糧食
扶持(ふち)。俸給。「食禄
くいこむ。欠ける。「月食浸食日食腐食
〈ジキ〉
たべる。食事。「悪食飲食(おんじき)乞食(こじき・こつじき)中食木食(もくじき)
たべもの。「餌食(えじき)
扶持。「食封(じきふ)
[補説]「喰」は国字。
[名のり]あき・あきら・うけ・くら・け・みけ
[難読]食(は)み出る片食(かたけ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

食【しょく】

一天体の全部または一部が他の天体によりおおい隠される現象。隠される天体により日食月食星食があり,隠された状態から皆既食部分食金環食に分けられる。二重星の食現象(食変光星)を含めることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

日本の食文化は、米を主食にして、豆・魚・海草・野菜などを、たっぷり取り入れた食事が特徴で、究極の長寿食として世界中の人々に注目されています。日 本の食文化は古来より大陸から伝わった食文化に、日本の気候風土を取り入れた先人達の智恵によって作られたものです。また、日本の四季と料理にも深い関係 があります。とりわけ、その季節だけに採れる食材を「旬」のものとして調理する技術が発達し、季節ごとの料理を楽しむ事ができます。そして、日本料理は味 だけではなく、見た目の美しさも大切にしています。それは、それぞれに意味を成した盛り付け、それを引き立てる食器など、それぞれの「職人」によって作ら れた技術の集大成という事ができます。日本文化いろは事典では、「食」を「い」特徴、「ろ」起源・歴史、「は」製法・調理法・種類という内容でご紹介しています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょく【食 eclipse】

光源天体から観測者までの光の経路のどこかに他の天体が入り込んだために,もし,この入り込みがなければ,当然見えているはずの光源天体あるいは光源天体によって照らし出される天体の一部または全体が見えなくなる現象をいう。食の起り方は二つに分けて考えると便利である。 第1は,遮へい天体のために観測者の視線が遮られて対象天体(図の天体A)が見えなくなる現象で,月が太陽を隠す日食,月が星を隠す星食,内惑星の太陽面通過,連星系の起こす食変光などが例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うか【食】

〔「うけ(食)」の転〕
他の語とともに複合語として用いられる。食物、特に、稲についていう。「うかのみたま(御魂)」「うかのめ(女)」などの形で用いられる。

うけ【食】

食物。うか。 「 -は食の義なり/釈日本紀」

け【食】

〔「笥」と同源〕
食べ物。 「 -訖おわりて散むとするに/日本書紀 舒明訓

し【食】

たべもの。 「一簞いつたんの-一瓢いつぴようの飲いん

じき【食】

食べ物。食物。 「断-」 「山のほとりにかけり来る獣けだものは阿修羅の-とせよ/宇津保 俊蔭

しょく【食】

[0] ( 名 )
物を食べること。食事。 「 -が細い」
たべるもの。食物。 「 -に飢える」
( 接尾 )
食事の回数を数えるのに用いる。 「一日三-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しょく
eclipse

一般に一つの天体が他の天体を覆い隠すこと。普通、日食と月食のことをいい、「蝕」の字も使う。星食(掩蔽(えんぺい))や連星の食の場合もある。連星のなかで食現象をおこすものを食連星という。
 多くは食をおこしたときに明るさが変わるが、このような変光星を食変光星という。たとえばアルゴル(ペルセウス座β(ベータ)星)などが有名である。食変光星の変光やスペクトルを観測することは、星の大気の光学的性質を研究するうえで貴重な研究資料を与えてくれる。[関口直甫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【カモ(鴨)】より

…繁殖が終了する夏の初めには他の鳥と同様カモ類も換羽するが,このとき雄は雌と同様のじみな羽毛にかわる。これをエクリプスeclipseと呼ぶ。この換羽のときには他の多くの鳥と異なり翼の羽毛まで一度にはえかわるので,換羽は早くすむが一時飛べない時期がある。…

※「食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

食の関連キーワード中食(なかしょく/なかじき)ルーム・アンド・ボード愛媛県今治市富田新港えん(嚥)下不能ナトリウム制限食等エネルギー食ダイエット食品dancyuカニバリズム低カロリー食特別用途食品浸食・浸蝕食育基本法釈日本紀月没帯食日出帯食月出帯食飢餓療法肉食動物半流動食

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食の関連情報