コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯尾六左衛門 いのお ろくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯尾六左衛門 いのお-ろくざえもん

?-? 鎌倉-南北朝時代の武士。
阿波(あわ)(徳島県)麻植(おえ)郡の豪族。六波羅(ろくはら)探題の奉行人とみられ,元徳2年(1330)盗賊の首領四郎太郎光守を捕らえ顕彰される。建武(けんむ)3=延元元年(1336)足利尊氏が山城(京都府)久世荘(くぜのしょう)地頭職を東寺八幡宮に寄進した際,その事務をあつかった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯尾六左衛門の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android