コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島みさ子 いいじま みさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島みさ子 いいじま-みさこ

1899-1923 大正時代の俳人。
明治32年生まれ。生後間もなくかかったポリオのため歩行困難となる。16歳ごろから長谷川零余子(れいよし)にまなぶ。「ホトトギス」に投稿して高浜虚子(きょし)にみとめられたが,大正12年25歳で死去。13年句集「擬宝珠」が刊行された。大阪出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯島みさ子の関連キーワードキネマ旬報リジェンダー映画理論毎日新聞奥健蔵日活(株)童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生ハーグ平和会議

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone