コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川零余子 はせがわ れいよし

美術人名辞典の解説

長谷川零余子

俳人。群馬県生。旧姓富田、本名は諧三、初号は翆村、別号に啄木亭。東京帝大薬学科卒。書店勤務中、僚友井上唖々の感化で俳句に志し、内藤鳴雪に指導を受け、高浜虚子のすすめで『ホトトギス編集者となる。のち俳誌『枯野』を創刊・主宰し立体俳句説を提唱した。著書に句集『近代俳句史論』『雑草』等がある。昭和3年(1928)歿、43才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川零余子 はせがわ-れいよし

1886-1928 大正-昭和時代前期の俳人。
明治19年8月20日生まれ。長谷川かな女の夫。内藤鳴雪,高浜虚子に師事。「ホトトギス」の選者をへて,大正10年「枯野」を創刊,主宰。立体俳句を提唱した。昭和3年7月27日死去。43歳。群馬県出身。東京帝大薬学科卒。旧姓は富田。本名は諧三(かいぞう)。著作に「近代俳句史論」,句集に「雑草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川零余子

没年:昭和3.7.27(1928)
生年:明治19.5.23(1886)
大正時代俳人。本名諧三,旧姓富田。群馬県多野郡鬼石町生まれ。東京帝大薬学科選科卒業。少年時より俳句に興味を持ち,上京後,明治38(1905)年に井上唖々らと七草会を結成した。長谷川かな女と結婚,長谷川姓を名乗り,号も零余子として『東京日々新聞』『ホトトギス』などに投句。大正2(1913)年から『ホトトギス』地方俳句欄選者となり,10年には『枯野』を創刊主宰した。「俳句は自然観照の文学」という立場だったが,単なる写生をいうのでないことは,のちに立体俳句を提唱したことからも明らかであろう。著書に,『近代俳句史論』(1922),『雑草』(1924)などがある。

(平石典子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

長谷川零余子の関連キーワード久保田 九品太長谷川 かな女正岡 陽炎女水野 六山人5月23日中田みづほ飯島みさ子加藤 紫舟正岡陽炎女吉岡禅寺洞安藤姑洗子岩谷孔雀原月舟松飾り

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android