コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島晴子 いいじま はるこ

1件 の用語解説(飯島晴子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島晴子 いいじま-はるこ

1921-2000 昭和後期-平成時代の俳人。
大正10年1月9日生まれ。能村登四郎(のむら-としろう)に師事し,昭和35年から「馬酔木(あしび)」に投句。39年「鷹」創刊に同人として参加。52年阿部完市と「現代俳句ノート」を発行。平成9年句集「儚々(ぼうぼう)」で蛇笏(だこつ)賞。俳句評論でも知られた。平成12年6月6日死去。79歳。京都出身。京都府立第一高女卒。句集に「蕨手(わらびで)」,評論集に「葦の中で」など。
【格言など】翔(と)べよ翔べ老人ホームの干布団(「儚々」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯島晴子の関連キーワード自動車電話中国国民党ヴェナイト2000年問題書店ハ ジウォン公益質屋安田善次郎フェン岩ダシュティー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone