コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島晴子 いいじま はるこ

1件 の用語解説(飯島晴子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島晴子 いいじま-はるこ

1921-2000 昭和後期-平成時代の俳人。
大正10年1月9日生まれ。能村登四郎(のむら-としろう)に師事し,昭和35年から「馬酔木(あしび)」に投句。39年「鷹」創刊に同人として参加。52年阿部完市と「現代俳句ノート」を発行。平成9年句集「儚々(ぼうぼう)」で蛇笏(だこつ)賞。俳句評論でも知られた。平成12年6月6日死去。79歳。京都出身。京都府立第一高女卒。句集に「蕨手(わらびで)」,評論集に「葦の中で」など。
【格言など】翔(と)べよ翔べ老人ホームの干布団(「儚々」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飯島晴子の関連キーワード山岸純千葉治平飛鳥井雅道木戸蓊相良亨辻隆長岡毅中義勝西沢爽伴義雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone