水物(読み)みずもの

精選版 日本国語大辞典「水物」の解説

みず‐もの みづ‥【水物】

〘名〙
① 水、酒などの液体。飲み物。流動物。また、水に関係のある物。
※江戸繁昌記(1832‐36)初「水虎(かっぱ)も亦水物也」
果物水菓子
※浮世草子・俗つれづれ(1695)四「水物は留山のこずゑ四季折々の枝掫(えだもき)
冷水の中に浮かした、白玉などの食品。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「錫鉢の水物(ミヅモノ)に有た白玉を」
④ 寒天で作った流し物。
⑤ 相手やその時の様子で変わりやすいもの。運に左右されやすいもの。あてにならないもの。
※雑俳・雲鼓評万句合‐寛延二(1749)「狂言と船は水物はなれ物」
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「裁判は水物で」
華道で、水辺に育つ花の総称
戯財録(1801)四季見物人情差別之事「生世話・水物定まりてよし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android