飴湯(読み)アメユ

  • ×飴湯

大辞林 第三版の解説

飴を湯で煮とかして、肉桂などを入れたもの。胃腸の薬とされ、夏の飲み物。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 水飴を湯に溶かし、少量の肉桂を加えたもの。腹の薬、また、暑気払いによいとして、夏の飲料とされ、水泳で冷えた体を温める場合などにも用いられた。《季・夏》
※随筆・塵塚談(1814)下「飴湯の事、小児には忌べき物也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android