餌畚・餌籮・餌簣(読み)えふご

精選版 日本国語大辞典の解説

え‐ふご ゑ‥【餌畚・餌籮・餌簣】

〘名〙
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「鶯は巣を作る事甚だ美しく、〈略〉餌(エ)ふごの形に似たり」
② 魚を釣るときに使う餌を入れる竹かご。
※浮世草子・新竹斎(1687)三「竿に餌(エ)ふごと取出すほどに」
③ ②に似た形の水差しの一種。〔茶具備討集(1554)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android