餌畚・餌籮・餌簣(読み)えふご

  • えふご ゑ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「鶯は巣を作る事甚だ美しく、〈略〉餌(エ)ふごの形に似たり」
② 魚を釣るときに使う餌を入れる竹かご。
※浮世草子・新竹斎(1687)三「竿に餌(エ)ふごと取出すほどに」
③ ②に似た形の水差しの一種。〔茶具備討集(1554)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android