餡平(読み)あんぺい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① はんぺんの一種。すりつぶした鱧(はも)の肉などに米の粉、ヤマノイモなどを加えて蒸した、やわらかく白い食品。葛餡(くずあん)をかけてたべるので、餡をかけた半平(はんぺん)の意という。あんぺん。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)中「精進上にきっさりと、皮鱛(かはなます)とあんぺいにせうかいのう嚊」
② 麺類(めんるい)の一つ。うどんの上にかまぼこ、椎茸(しいたけ)の類をのせ、葛醤油(くずしょうゆ)をかけたもの。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android