コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

館山 一子 タテヤマ カズコ

20世紀日本人名事典の解説

館山 一子
タテヤマ カズコ

大正・昭和期の歌人



生年
明治29(1896)年3月21日

没年
昭和42(1967)年11月14日

出生地
千葉県東葛郡土村逆井(現・柏市)

本名
日暮 いち(ヒグラシ イチ)

学歴〔年〕
土村・増尾尋常高等小学校高等科卒

経歴
大正6年頃から8年頃にかけて「詩歌」に所属。のち窪田空穂に師事し「国民文学」に参加。昭和2年、夫田辺駿一と「黎明」を創刊。合同歌集「新風十人」に加わり脚光を浴びる。22年「郷土」を創刊し、主宰。後進の育成にも当たる。歌集に「プロレタリヤ意識の下に」「彩」「李花」「李花以後」「館山一子全歌集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android