館山 一子(読み)タテヤマ カズコ

20世紀日本人名事典「館山 一子」の解説

館山 一子
タテヤマ カズコ

大正・昭和期の歌人



生年
明治29(1896)年3月21日

没年
昭和42(1967)年11月14日

出生地
千葉県東葛郡土村逆井(現・柏市)

本名
日暮 いち(ヒグラシ イチ)

学歴〔年〕
土村・増尾尋常高等小学校高等科卒

経歴
大正6年頃から8年頃にかけて「詩歌」に所属。のち窪田空穂に師事し「国民文学」に参加。昭和2年、夫田辺駿一と「黎明」を創刊。合同歌集新風十人」に加わり脚光を浴びる。22年「郷土」を創刊し、主宰後進の育成にも当たる。歌集に「プロレタリヤ意識の下に」「彩」「李花」「李花以後」「館山一子全歌集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android