コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首切螽蟖 クビキリギス

デジタル大辞泉の解説

くびきり‐ぎす【首切螽蟖】

キリギリス科の昆虫。体は細長く、緑色または黄褐色頭部円錐形成虫で越冬し、初夏、雄はジーと連続して鳴く。名は、食いつくとなかなか離れず、無理に引っ張ると首がちぎれることによる。北海道を除く各地にみられる。くびきり。くびきりばった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くびきりぎす【首切螽蟖】

キリギリス科の昆虫。頭からはねの先まで約6センチメートル。頭頂が円錐形にとがる。体色は緑色または淡褐色。口が赤い。成虫で越冬し、五月頃草むらでジーと連続して鳴く。本州以南からアジア東南部に分布。かみつくと、自分の首がちぎれても離さないというのでこの名がある。クビキリ。クビキリバッタ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

首切螽蟖 (クビキリギス)

学名:Euconocephalus thunbergi
動物。キリギリス科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

首切螽蟖の関連キーワード淡褐色頭頂体色分布

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android