コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首藤周三 すどう しゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

首藤周三 すどう-しゅうぞう

1830*-1916 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官吏。
文政12年12月28日生まれ。豊後(ぶんご)大分郡(おおいたぐん)光吉村の庄屋長三洲(ちょう-さんしゅう)らと日田代官所襲撃をくわだて慶応2年捕らえられる。維新後,日田県別府支庁に勤務中,別府築港の完成に尽力した。大正5年10月28日死去。88歳。名は統令。字(あざな)は甫田。号は鉄漠など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

首藤周三の関連キーワード明治時代運動家官吏尊攘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android