コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香り米 かおりまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香り米
かおりまい

在来稲種で,炊くと匂いのある系統のもの。古くは神饌米や祭礼などに使用されていた。少量混ぜて炊くとよい香りとなるところから,特殊用途 (混米など) に山間の低収地帯で栽培されているが,草丈が高く,収量が低いために稲作の主要品種にはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

香り米

 炊飯したときに独特の好まれる香りを発するコメの品種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かおりまい【香り米】

炊くとよい香りがする米。古くから栽培され、祭礼や接客などに用いられてきた。匂い米。ジャコウ米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

香り米の関連キーワード新形質米接客

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香り米の関連情報