香台(読み)こうだい

精選版 日本国語大辞典「香台」の解説

こう‐だい カウ‥【香台】

〘名〙
香炉をのせる台。
※正法眼蔵(1231‐53)諸法実相「台のほとりにいたりて焼香礼拝す」 〔張説‐滬湖山寺〕
※夜航余話(1836)上「詩に仏寺を称して、香台、香刹など云は、香烟を爇(たく)の義にはあらず」
③ すわりのよい尻。また、単に尻。
※評判記・剥野老(1662)山口類之助「心だてほっとりとしておとなし。座配よし、かうだいに風味有となん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「香台」の解説

【香台】こうだい

仏殿

字通「香」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「香台」の解説

こう‐だい〔カウ‐〕【香台】

香炉をのせる台。
仏殿の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android