コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香深 かふか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香深
かふか

北海道北部,礼文島東岸にある礼文町の中心集落。利尻島稚内と結ぶフェリーが発着する島の玄関で,沿岸漁業の基地。島の北部の船泊やスコトン岬,南部の知床西岸の元地 (もとち) へ定期バスが通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の香深の言及

【礼文島】より

…70年に稚内(わつかない)と利尻島,礼文島を結ぶ航路に1000トン級のフェリーが就航し,島では宿泊施設の整備をすすめている。中心集落は南東部の香深(かふか)で,役場,港湾などがある。また,島の北側の金田ノ岬とスコトン岬に抱かれた船泊(ふなどまり)湾に面する船泊にも港湾と礼文空港があり,稚内との間に小型機が運航されている。…

※「香深」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香深の関連キーワード北海道礼文郡礼文町礼文町の大雨災害利尻富士(町)礼文[町]礼文(町)礼文水道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android