知床(読み)しれとこ

世界遺産詳解の解説

しれとこ【知床】

2005年に登録された日本の世界遺産(自然遺産)で、北海道の北東端、知床半島の中央部から先端部の知床岬までの陸域とその周辺のオホーツク海域。海洋と陸上の生態系の相互関係を示す複合生態系の顕著な見本で、世界で最も低緯度で海水が氷結し、海、川、森の生態系を結ぶ独特な食物連鎖をもたらし、動植物とも北方系と南方系の両種が混在するなど多様性が認められる。稀少種シマフクロウやオジロワシの生息地であり、オオワシの越冬地でもある。◇英名はShiretoko

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

百科事典マイペディアの解説

知床【しれとこ】

北海道北東端,知床半島中央部からその先端部の知床岬までの陸域とその周辺のオホーツク海域。海・川・陸の生態系が独特の相互関係にあること,シマフクロウなどの世界的な希少種や海棲動物等の重要な生息地を有することから,2005年世界自然遺産に登録された。天然記念物オオワシの越冬地にもなっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知床の関連情報