香菓(読み)かくのこのみ

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐の‐このみ【香菓】

〘名〙 (実に高い香りがあるところから) (たちばな)の実の異称。かくのみ。
※古事記(712)中「天皇、三宅連等の祖、名は多遅摩毛理を常世の国に遣して、登岐士玖能(ときじくの)迦玖能木実(カクノこのみ)を求め令めたまひき〈略〉其の登岐士玖能迦玖能木実(カクノこのみ)は是れ今の橘ぞ」

かく‐の‐み【香菓】

〘名〙 (「かぐのみ」とも) =かくのこのみ(香菓)
書紀(720)垂仁九〇年二月「九十年の春二月の庚子の朔に、天皇、田道間守に命せて、常世国に遣して非時香菓〈香菓、此をば箇倶能未(カクノミ)と云ふ〉を求め令む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香菓の関連情報