コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田道間守 たじまもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田道間守
たじまもり

古代伝説上の人物。『日本書紀』によれば,垂仁天皇 90年に天皇の命によって非時香菓 (ときじくのかぐのみ。橘の実) を求めるため常世の国 (とこよのくに) へ派遣され,10年後に非時香菓を持って帰国したが,天皇はすでに崩じていた。田道間守は悲嘆のあまり,天皇の陵に参り泣き叫んで死んだという。三宅連 (むらじ) はこの田道間守の後裔とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たじまもり〔たぢまもり〕【田道間守】

古代の伝説上の人物。新羅(しらぎ)王子天日矛(あめのひぼこ)の子孫記紀によれば、第11代垂仁天皇により、常世(とこよ)の国から非時香菓(ときじくのかくのこのみ)(橘)を10年かけて持ち帰ったが、すでに天皇は亡くなっていたので、悲嘆して陵の前で殉死したと伝えられる。三宅連(みやけのむらじ)の祖。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

田道間守【たじまもり】

日本神話に登場する伝承上の人物。但馬(たじま)国の国守(くにもり)の意。垂仁(すいにん)天皇の命で常世(とこよ)の国へ行き,非時香菓(ときじくのかくのみ)(橘の実)を持ち帰ったが,すでに天皇は死んでいて,嘆き悲しみ殉死(じゅんし)したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田道間守 たじまもり

記・紀にみえる伝承上の人物。
垂仁(すいにん)天皇の命で,常世国(とこよのくに)で非時(ときじく)の香菓(かくのみ)(橘(たちばな)の実)をえてかえったが,すでに天皇はなくなっており,天皇の陵のそばでなげきかなしんで自殺したという。「古事記」では多遅摩毛理とかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田道間守

古代伝承上の人物。『古事記』は多遅摩毛理と表記。日本に帰化した新羅の王子,天日槍の玄孫といわれる。名は但馬(兵庫県)の国守を意味する。垂仁天皇に,非時香菓(時期ではないのに香りたかく実る果実)を求めよと命じられ,海のかなたの仙境,常世国に派遣される。10年を経て,労苦の末それを得て帰国したが,その前年に天皇は崩じていた。タジマモリは,果実を陵に供えその場に哭泣して死んだ。これが橘(現在の橙あるいは蜜柑か)であるという。常世国の非時香菓は,不老長生を与えるとされたらしいが,それを待っていた天皇はわずかの時差で崩じ,結局永遠の生を得た者はいなかったのである。奈良市尼辻町の垂仁天皇陵には,その墓といわれる陪塚がある。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじまもり【田道間守】

日本神話にみえる伝説的人物。但馬の国の国守(くにもり)の意。新羅(しらぎ)国の王子天日槍(あめのひぼこ)の子孫。垂仁天皇はタジマモリを常世国(とこよのくに)に遣わし,非時香菓(ときじくのかくのみ)(時を定めずいつも黄金に輝く木の実)を求めさせた。これを〈橘〉と言う。天皇はやがて他界,その翌年,タジマモリは橘の,八竿八縵(やほこやかげ)(竿は串ざしにしたもの,縵は干柿のように緒(いと)でつないだもの)を持って常世国から帰朝したが,天皇はすでになく,御陵の前で叫び哭(な)いて自殺したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たじまもり【田道間守】

記紀に見える伝説上の人物。垂仁天皇の命により不老の妙薬、非時香菓ときじくのかくのこのみ(タチバナの実)を常世国とこよのくにから持ち帰ったが、天皇の死後だったので、その陵墓に献じ、自害したという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田道間守
たじまもり

垂仁(すいにん)天皇の代に常世(とこよ)の国に非時香菓(ときじくのかくのみ)(登岐士玖能迦玖能木実(ときじくのかくのこのみ))を求めて派遣された説話上の人物。多遅摩毛理とも書く。『古事記』『日本書紀』は「非時香菓」を「橘(たちばな)」とみなし、田道間守が10年後に「香菓」と八竿(やほこ)(矛)・八縵(やかげ)をもって帰国したおりには、すでに垂仁天皇は崩じており、天皇の陵墓のそばで嘆き悲しんで死すと物語る。渡来系の三宅連(みやけのむらじ)らの祖先と伝える。『古事記』の応神(おうじん)天皇の条には天之日矛(あめのひぼこ)の子孫の系譜を記し、そこに多遅摩毛理の名がみえる。『日本書紀』が田道間守の常世訪問の説話で、常世の国を「神仙の秘区」と書くように、その常世伝承には神仙思想の影響がある。この常世行き説話を垂仁天皇の代のできごととするのは、垂仁天皇を長寿としたありよう(記では153歳、紀では140歳)と関連があるとみなす説がある。[上田正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の田道間守の言及

【但馬国】より

…この伝承の背後には秦(はた)氏を中心とした新羅系渡来氏族の日本流入という歴史があったと考えられているが,日本海を経て朝鮮半島と近いという地理的条件に注目する必要があろう。その天日槍の子孫と伝え,また但馬国の国名とも関係する田道間守(たじまもり)が非時香菓(ときじくのかくのみ)を求めて常世国(とこよのくに)に渡るという説話も,同じ条件を背景とするものである。 律令制下では,朝来(あさこ),養父(やふ),出石(いつし),気多(けた),城崎(きのさき),美含(みくみ),二方(ふたかた),七美(しつみ)の8郡を管した。…

※「田道間守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田道間守の関連キーワード豊岡(市)宝来山古墳タチバナダイダイ果樹園芸上田正昭このみミカン参出来常世物清彦古代八矛妙薬陵墓菓子果物

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田道間守の関連情報