コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常世国 とこよのくに

世界大百科事典 第2版の解説

とこよのくに【常世国】

海のかなたにあるとされた異郷で,永遠不変の国の意。記紀の伝承では大己貴(おおなむち)とともに国作りした少彦名(すくなびこな)命常世国に渡ったといい,垂仁天皇田道間守(たじまもり)を常世国につかわして非時(ときじく)の香(かく)の木の実(橘)を求めさせたなどとある。《万葉集》の浦島子を詠んだ歌には〈ワタツミの国〉を〈トコヨ〉と表現し,〈常世の浪の重浪(しきなみ)よする国〉という常套句もあって,海原の印象と切り離せない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常世国
とこよのくに

「立山(たちやま)に降りおける雪をとこ夏に見れども飽(あ)かず神(かむ)からならし」(万葉集)の例にみられるように、恒常不変の意の「常」の文字と結び付いて永久不変の意をもつまで、この「とこ」の語は日本語では「高」と通じる賛辞であった。常夏(とこなつ)が真夏(まなつ)であるように、常世国は本国ともいうべき世界であり、沖縄諸島のニライ・カナイと似た世界であったかもしれない。その場所は、常世国の神と考えられる少彦名神(すくなひこなのかみ)が海上を漂い着く話(記紀)、海神の女を母とする御毛沼命(みけぬのみこと)が波の穂を踏んで常世国に渡る話(神武(じんむ)条)、浦島子(うらしまのこ)が海界(うなさか)を過ぎて常世国に至る話(万葉集)などを総合すると、遠く海のかなたに存在すると観念されていた海洋的他界であったことがわかる。だが古代人の常世国は、中国の神仙思想の影響を受け、やがて、不老不死の国(浦島子)、若返る国(万葉集)、長寿を保つ太陽霊菓、非時香菓(ときじくのかくのこのみ)(橘(たちばな))の実る国(「垂仁(すいにん)紀」田道間守(たじまもり))、風光明媚(めいび)で資源に富む国(常陸国風土記(ひたちのくにふどき))、財福をもたらす国(「皇極(こうぎょく)紀」常世神)と具体化されるに至った。このことは、「雄略(ゆうりゃく)紀」で浦島子の至る世界が蓬莱山(ほうらいのやま)と記述されたり、また田道間守(たじまもり)の話で「神仙の秘区、俗(くにひと)の至らむ所にあらず」と述べられていることで明らかである。さらに、願望される現実の世界を常世国に比定して表現する場合もあった(万葉集、常陸国風土記)。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の常世国の言及

【ユートピア】より

…それはたんに研究の遅れに由来するのか,それともユートピア思想が本質的にヨーロッパ思想に特有なものなのかは目下のところ決しがたい。しかし,少なくとも,中国における桃源境や日本における常世国(とこよのくに)のような〈いま〉〈ここ〉にない世界に対する想像力の開花の事例は存在する。前者は地上の山間部にある田園的色彩をおびた平和郷であり,後者は古代日本で海の彼方に想定された楽土である。…

※「常世国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常世国の関連情報