コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香辛料植物 こうしんりょうしょくぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香辛料植物
こうしんりょうしょくぶつ

香辛料の材料となる植物。植物体を生のまま用いることもあるが,多くは乾燥したり,粉末にしたり,あるいは化学的に抽出,精製して用いる。利用する部位別にまとめると次のようになる。 (1) 根や地下茎からとるもの ショウガワサビ,ウコン,アサツキ,ニンニク。 (2) 樹皮からとるもの ニッケイ類。 (3) 葉からとるもの シソ,ハッカゲッケイジュ,パセリ,サンショウ。 (4) 花からとるもの チョウジジャスミン。 (5) 果実からとるもの トウガラシコショウ,バニラ,ウイキョウ,ユズ。 (6) 種子からとるもの カラシナニクズク

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

香辛料植物の関連キーワードコショウ科ショウガ科有用植物タラゴン香料植物香辛料

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android