コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬叙倫 ばじょりん

2件 の用語解説(馬叙倫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

馬叙倫【ばじょりん】

中国の古典学者,政治家。浙江省の人。清末のジャーナリズムに活躍。北京大学教授など教育界での要職を歴任。抗日戦中に中国民主促進会を結成。解放後,同会主席,中国民主同盟副主席,中国科学院哲学社会科学学部委員などを務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばじょりん【馬叙倫 Mǎ Xù lún】

1884‐1970
中国の古典学者,政治家。字は夷初。浙江省杭州の人。杭州府中学堂に学び,1905年(光緒31),劉師培らと学術雑誌《国粋学報》を創刊し少壮学者として有名になる。中華民国建国後,浙江省民政庁長,教育部次長などを歴任。北京大学教授として《説文解字《荘子》など中国古典学研究に成果をあげた。日中戦争中,周建人らと中国民主促進会を結成。新中国成立後,同会主席,民主同盟副主席に選ばれ,人民代表大会,科学院哲学社会科学部委員など要職をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬叙倫の関連キーワード漢学古典学派新古典学派郭松齢マヌティウス学庸クイーユ古典派経済学