コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬注 ばちゅう Mǎ Zhù

1件 の用語解説(馬注の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばちゅう【馬注 Mǎ Zhù】

1640‐1711
中国,明末~清初のイスラム学者。字は文炳(ぶんへい),号は仲修。雲南省金歯(現,保山)県の人。回族の出身で,ムハンマドの後裔と自称し,幼いころから学問を好み,南明の永暦帝(在位1647‐61)のとき,中書に抜擢された。その滅亡後は,読書と教育に従い,清朝の康熙8年(1669),北京に行き王族と交わったが,帰郷して弟子に心性の学を講じた。その著《清真指南》10巻(1683)は,イスラム教理を儒教,仏教,道教で解釈した入門書。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬注の関連キーワード一条鞭法王時敏汲古閣金聖嘆呉偉業呉三桂太虚八大山人六諭衍義肉蒲団

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone