コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬注 ばちゅうMǎ Zhù

世界大百科事典 第2版の解説

ばちゅう【馬注 Mǎ Zhù】

1640‐1711
中国,明末~清初のイスラム学者。字は文炳(ぶんへい),号は仲修。雲南省金歯(現,保山)県の人。回族の出身で,ムハンマド後裔と自称し,幼いころから学問を好み,南明永暦帝(在位1647‐61)のとき,中書に抜擢された。その滅亡後は,読書と教育に従い,清朝の康熙8年(1669),北京に行き王族と交わったが,帰郷して弟子に心性の学を講じた。その著《清真指南》10巻(1683)は,イスラム教理を儒教,仏教,道教で解釈した入門書。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

馬注の関連キーワードキリシタンピューリタン革命ブラガンサ朝浮世草子ピューリタン革命パチェコエキュジョアン[4世]ブラガンサ朝ルーベンスの家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android