コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬越元泉 まごし げんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬越元泉 まごし-げんせん

1815-1878 幕末-明治時代の医師。
文化12年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)成羽(なりは)藩儒窪連洲の長男。馬越元寿の婿養子となり,難波立愿(なんば-りゅうげん)の門で漢方をまなぶ。のち産科,外科をおさめた。実業家馬越恭平の父。明治11年9月5日死去。64歳。名は通元。字(あざな)は子享。号は静倹。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

馬越元泉の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android