コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬養人上(読み)うまかいの ひとがみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬養人上 うまかいの-ひとがみ

?-? 奈良時代の豪族。
播磨(はりま)(兵庫県)賀古(かこ)郡の人。仁徳(にんとく)天皇のころ,吉備津彦(きびつひこ)の末裔である先祖が印南野(いなみの)にすみ,6世の孫が聖徳太子につかえて馬司となったので「庚午年籍(こうごねんじゃく)」に馬養氏と誤記された。天平神護(てんぴょうじんご)元年(765)ねがいでて印南野氏となった。吉備御友別(きびの-みともわけ)の11世孫ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

馬養人上

生年:生没年不詳
8世紀中ごろの地方豪族。播磨国賀古郡(加古川市,高砂市付近)の人。天平神護1(765)年5月に外従七位下。その先祖は吉備都彦の後裔上道臣の一族息長借鎌で,その6世の孫のとき馬司に任じられたため,「庚午年籍」(670)で誤って馬養造とされた。印南野臣への氏姓の変更を願い出て許された。

(岩本次郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android