馬鹿な子ほど可愛い(読み)ばかなこほどかわいい

ことわざを知る辞典「馬鹿な子ほど可愛い」の解説

馬鹿な子ほど可愛い

親にとって子供はみなかわいいものだが、何の心配もいらない子よりも、愚かな子や行く末が心配な子のほうがびんで、いっそういとおしく感じるものだ。

[使用例] 算術が出来なくて、しょっちゅう彼をてこずらす劣等生なぞは、馬鹿な子ほど可愛い、という譬えのように、一層いじらしく感ぜられた[山本有三*波|1928]

[解説] できない子や、手のかかる子ほど、親としての愛情を呼び覚まさせることをいいます。「親の欲目」が、盲目的な親の愛情を批判するのに対し、このことわざは親の子に対する愛情の深さを肯定的に評価する意味合いが強くなっています。また、親のみならず教師など子や目下の者を庇護する立場にある者についていうこともあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android