コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅勢圏 えきせいけん sphere of station's influence

1件 の用語解説(駅勢圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駅勢圏
えきせいけん
sphere of station's influence

鉄道の駅を中心として,その駅に集散する旅客,貨物の輸送需要の発生が期待される地域範囲で,駅の潜在的営業区域。地形や駅からの空間距離によって決定されることが多いが,道路網や鉄道の性格,駅周辺地域の特色 (たとえば駅前商店街の規模,駐車スペースの状態) ,住民の意識などによっても大きく影響される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駅勢圏の関連キーワードあ・ら・伊達な道の駅にしあいづにしいやにしかたにしかわにしねにしめにのみやにらさき花の駅千曲川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone