駆込訴(読み)かけこみうったえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「駆込訴」の解説

駆込訴
かけこみうったえ

駆込ともいう。江戸時代の越訴 (おっそ) の一つ。通常の裁判上の手続を経ず,直接評定所,奉行所,幕府の有力者,領主やその重臣屋敷に駆込んで訴えること。厳禁されていたから,訴人は罰せられたが,訴願のによっては調査が行われた。 (→駕籠訴〈かごそ〉 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android