コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒杵勤治 こまきね きんじ

2件 の用語解説(駒杵勤治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒杵勤治 こまきね-きんじ

1877-1919 明治-大正時代の建築家。
明治10年5月24日生まれ。35年茨城県庁にはいり,翌年技師となる。土浦中学本館(重要文化財),太田中学講堂などを設計・施工監理した。のち内務省技師,海軍省技師を歴任。大正8年2月27日死去。43歳。山形県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

駒杵勤治

没年:大正8.8.2(1919)
生年:明治10.5.24(1877)
明治大正期に地方官庁で活躍した建築家。明治35(1902)年東京帝大卒業後,茨城県に赴任し,わずか2年余の在職中に県立図書館や土浦中学校本館など7件の本格的洋風建築を手がけた。その後内務省,海軍省を経て福岡市に事務所を開設。

(河東義之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駒杵勤治の関連キーワード伊藤亀太郎上総一柴田畦作田中不二永屋茂日比忠彦松井源水(16代)松村鬼史山勢ふく吉田修夫

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone