騎馬戦(読み)キバセン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 馬に乗った者同士による戦闘。
※李陵(1943)〈中島敦〉一「今方に秋とて匈奴の馬は肥え、寡兵を以てしては、騎馬戦を得意とする彼等の鋭鋒には些か当り難い」
② 遊戯の一つ。二、三人で馬をつくり、別の一人がその馬に乗り、敵味方に分かれて上に乗った者を落とし合い、または、はちまきや帽子の取合いなどをするもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

騎馬戦の関連情報