コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨付(き) ホネツキ

デジタル大辞泉の解説

ほね‐つき【骨付(き)】

骨組みのようす。骨格。
骨がついていること。また、その肉。
魚を二枚におろしたとき、背骨のついているほうの身。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

骨付(き)の関連キーワードとり奉行 骨付じゅうじゅう骨つきマンモスの肉!?ショートカットハムボーンテイントポークチョップ内頸動脈・静脈ビーフステーキアイスバインマンガごはんマンシェットスキンドハムショートリブラムチョップスペアリブパルマハムパピヨットせんざんぎがんば料理仙骨神経カスラー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android