コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨吸収

栄養・生化学辞典の解説

骨吸収

 骨は常に部分的に破壊吸収され,一方で形成されている.この破壊吸収のこと.通常破骨細胞により行われるが,骨細胞も骨吸収を行う.副甲状腺ホルモンによって促進されカルシトニンによって抑制される.このバランスが崩れると骨粗しょう症などの原因になる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

骨吸収の関連キーワードルリッシュ‐ポリカールの法則歯と歯肉のしくみとはたらき原発性副甲状腺機能亢進症続発性副甲状腺機能亢進症カルシウムと代謝異常歯周病(歯槽膿漏)副腎皮質ホルモンオステオペニア腎性骨異栄養症歯の損傷上皮小体骨粗鬆症骨肉腫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨吸収の関連情報