コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨片母細胞 こっぺんぼさいぼうscleroblast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨片母細胞
こっぺんぼさいぼう
scleroblast

海綿動物刺胞動物棘皮動物見られる骨片を分泌する細胞。種に固有の形態を備えた骨片をつくる。海綿動物では,おもに生骨細胞が体内に規則正しく配列した骨片をつくり,のち退化する。刺胞動物花虫類イソギンチャク類サンゴ類)では,外胚葉の変形した造骨片細胞ともいわれる細胞が石灰質の骨片を分泌する。棘皮動物ウニ類ヒトデに見られる骨片は,小割球に由来する一次間充織細胞(→間充織)が規則正しく配列し,つくられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone