骨片母細胞(読み)こっぺんぼさいぼう(英語表記)scleroblast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨片母細胞
こっぺんぼさいぼう
scleroblast

海綿動物刺胞動物棘皮動物で見られる骨片を分泌する細胞。種に固有の形態を備えた骨片をつくる。海綿動物では,おもに生骨細胞が体内に規則正しく配列した骨片をつくり,のち退化する。刺胞動物の花虫類イソギンチャク類,サンゴ類)では,外胚葉の変形した造骨片細胞ともいわれる細胞が石灰質の骨片を分泌する。棘皮動物のウニ類ヒトデに見られる骨片は,小割球に由来する一次間充織細胞(→間充織)が規則正しく配列し,つくられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android