高を括る(読み)タカヲククル

デジタル大辞泉の解説

高(たか)を括(くく)・る

その程度を予測する。大したことはないと見くびる。「―・って手ひどい目にあう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかをくくる【高を括る】

その程度だろうと安易に予測する。
大したことはないと見くびる。高が知れたことだとあなどる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たか【高】 を 括(くく)

① その程度だろうと予測する。いきつくところを安易に予想する。たかをしめる。たかを積もる。
浮世草子・風流曲三味線(1706)五「終には知れて御家に永く勤る事成るまいと(タカ)をくくり」
② 高が知れていると見くびる。あなどる。
※浮世草子・男色大鑑(1687)七「折ふしかふてもろふ陰子(かげこ)にさへ高(タカ)をくくられ、帯解かすまでの詑事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高を括るの関連情報