高を括る(読み)タカヲククル

  • たか
  • を 括(くく)る
  • 高(たか)を括(くく)・る

大辞林 第三版の解説

その程度だろうと安易に予測する。
大したことはないと見くびる。高が知れたことだとあなどる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① その程度だろうと予測する。いきつくところを安易に予想する。たかをしめる。たかを積もる。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)五「終には知れて御家に永く勤る事成るまいと高(タカ)をくくり」
② 高が知れていると見くびる。あなどる。
※浮世草子・男色大鑑(1687)七「折ふしかふてもろふ陰子(かげこ)にさへ高(タカ)をくくられ、帯解かすまでの詑事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android