高を括る(読み)たかをくくる

精選版 日本国語大辞典「高を括る」の解説

たか【高】 を 括(くく)

① その程度だろうと予測する。いきつくところを安易に予想する。たかをしめる。たかを積もる。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)五「終には知れて御家に永く勤る事成るまいと高(タカ)をくくり」
② 高が知れていると見くびる。あなどる。
※浮世草子・男色大鑑(1687)七「折ふしかふてもろふ陰子(かげこ)にさへ高(タカ)をくくられ、帯解かすまでの詑事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高を括る」の解説

高(たか)を括(くく)・る

その程度を予測する。大したことはないと見くびる。「―・って手ひどい目にあう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android