コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高久守静 たかく もりしず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高久守静 たかく-もりしず

1821-1883 幕末-明治時代の和算家。
文政4年生まれ。馬場錦江にまなび,江戸四谷に家塾をひらく。維新後小学校訓導となり,数学教科書の編集にたずさわったが,和算廃止に抗議して辞職した。明治16年6月10日死去。63歳。字(あざな)は子秀。通称は鎌次郎。号は不及,慥斎。著作に「等威算法」「極数大成術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高久守静の関連キーワード飯河成信明治時代鈴木円和算家

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android