コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉範季 たかくら のりすえ

世界大百科事典 第2版の解説

たかくらのりすえ【高倉範季】

1130‐1205(大治5‐元久2)
後白河・後鳥羽両院の近臣。藤原能兼の男,母は高階為賢の娘。順徳天皇の母修明門院(しゆめいもんいん)の父。後白河院政下に諸国の受領を歴任,九条兼実の家司も務めたが,1179年(治承3)平氏のクーデタにより陸奥守を解任され,86年(文治2)には源頼朝から源義経与同の嫌疑を受け,木工頭(もくのかみ)等を解官された。しかしこの間,後鳥羽天皇の養育にあたり,晩年は従二位にまで昇った。源範頼も幼年期彼に養われたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報