コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉範季 たかくら のりすえ

2件 の用語解説(高倉範季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高倉範季 たかくら-のりすえ

藤原範季(ふじわらの-のりすえ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たかくらのりすえ【高倉範季】

1130‐1205(大治5‐元久2)
後白河・後鳥羽両院の近臣。藤原能兼の男,母は高階為賢の娘。順徳天皇の母修明門院(しゆめいもんいん)の父。後白河院政下に諸国の受領を歴任,九条兼実の家司も務めたが,1179年(治承3)平氏のクーデタにより陸奥守を解任され,86年(文治2)には源頼朝から源義経与同の嫌疑を受け,木工頭(もくのかみ)等を解官された。しかしこの間,後鳥羽天皇の養育にあたり,晩年は従二位にまで昇った。源範頼も幼年期彼に養われたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高倉範季の関連キーワード大治元久熊谷寺生島経菊丸延朗多好方丹波局(3)藤原資季(1)藤原行長(1)良海(1)