コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原範季 ふじわらの のりすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原範季 ふじわらの-のりすえ

1130-1205 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
大治(だいじ)5年生まれ。式部少輔(しょう)藤原能兼(よしかね)の3男。兄範兼(のりかね)の養子。後白河上皇近臣で,九条兼実(かねざね)の家司(けいし)もつとめた。娘重子(修明門院)が後鳥羽(ごとば)天皇の後宮にはいって順徳天皇を生んだため,外祖父として従二位にすすむ。高倉(藪(やぶ))家の祖。元久2年5月10日死去。76歳。正一位,左大臣を追贈された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原範季

没年:元久2.5.10(1205.5.30)
生年:大治5(1130)
平安末・鎌倉前期の公卿。従四位下能兼の子。兄範兼の猶子となる。後白河院の近臣で,九条兼実にも仕えた。姪の範子と共に,高倉天皇の皇子尊成(後鳥羽天皇)を養育し,その即位にもかかわっていた。源頼朝の弟範頼を養子として育てたことから,武士の動向にも通じていたが,文治2(1186)年11月,源義経にくみしたことで解官された。娘重子(修明門院)が後鳥羽天皇との間に守成(順徳天皇)を生んだ直後の建久8(1197)年12月,後鳥羽天皇の侍読の労として従三位に叙され,さらに従二位に至ったが,政治的な活動はみられない。死後,順徳天皇の即位によって,左大臣正一位を追贈された。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原範季の関連キーワード承明門院高階経雅藤原範茂高倉範季鎌倉時代藤原範朝平教子源範頼

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android