高分解能液体クロマトグラフィー

栄養・生化学辞典の解説

高分解能液体クロマトグラフィー

 高速液体クロマトグラフィーと同じ意味に用いられる.段数が多い硬くて微細な固相担体を用い,高圧で移動相を送って行うクロマトグラフィーで,分離能に優れ,広く物質の分離や定量に用いられている方法.順相,逆相,分子ふるい,吸着,イオン交換など,諸種の原理の担体が開発されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android