コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高分解能液体クロマトグラフィー

栄養・生化学辞典の解説

高分解能液体クロマトグラフィー

 高速液体クロマトグラフィーと同じ意味に用いられる.段数が多い硬くて微細な固相担体を用い,高圧で移動相を送って行うクロマトグラフィーで,分離能に優れ,広く物質の分離や定量に用いられている方法.順相,逆相,分子ふるい,吸着,イオン交換など,諸種の原理の担体が開発されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android