コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高安六郎 たかやす ろくろう

美術人名辞典の解説

高安六郎

吸江。医師。明治11年(1878)大阪生。東大医卒。高安病院経営。俳句、能、謡曲浄瑠璃文楽など多趣味で造詣深し。昭和34年(1959)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高安六郎 たかやす-ろくろう

1878-1959 明治-昭和時代の医師,演劇評論家。
明治11年12月12日生まれ。高安月郊の弟。ドイツ留学ののち高安病院で内科医長をつとめる。初代中村鴈治郎(がんじろう)らとまじわり,歌舞伎,文楽など伝統芸能について評論活動をおこなった。昭和34年1月21日死去。80歳。大阪出身。東京帝大卒。号は吸江,弱法師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高安六郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android