コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高安六郎 たかやす ろくろう

美術人名辞典の解説

高安六郎

吸江。医師。明治11年(1878)大阪生。東大医卒。高安病院経営。俳句、能、謡曲、浄瑠璃、文楽など多趣味で造詣深し。昭和34年(1959)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高安六郎 たかやす-ろくろう

1878-1959 明治-昭和時代の医師,演劇評論家。
明治11年12月12日生まれ。高安月郊の弟。ドイツ留学ののち高安病院で内科医長をつとめる。初代中村鴈治郎(がんじろう)らとまじわり,歌舞伎,文楽など伝統芸能について評論活動をおこなった。昭和34年1月21日死去。80歳。大阪出身。東京帝大卒。号は吸江,弱法師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高安六郎の関連キーワード東京(都)エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎キント島田一良ハリス霞石閃長岩郡長

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone