コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高安月郊 たかやす げっこう

6件 の用語解説(高安月郊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高安月郊

明治・大正期の詩人、劇作家。本名三郎。歴史に取材した叙情詩を作り、劇作家をも志す。イプセンの最初の紹介者として知られる。劇作家としても史劇にすぐれたものが多く処女作『重盛』をはじめ『大塩平八郎』『桜時雨』などがある。イプセンの「社会の敵」「人形の家」の訳に評伝をそえた「イプセン社会劇」の他、シェークスピアの翻訳・文芸評論集もある。詩集『夜濤集』『寝覚草』『月郊詩集』等がある。昭和19年(1944)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかやす‐げっこう〔‐ゲツカウ〕【高安月郊】

[1869~1944]詩人・劇作家・評論家。大阪の生まれ。本名、三郎。詩作のかたわら、イプセンの作品などを翻訳・紹介。また、新歌舞伎を発表。詩集「夜濤集」、戯曲「江戸城明渡」「桜時雨」、評論「東西文学比較評論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高安月郊 たかやす-げっこう

1869-1944 明治-昭和時代前期の詩人,劇作家。
明治2年2月16日生まれ。医学をこころざして上京したが,詩や小説の創作をはじめ,明治24年劇詩「天無情」を出版。イプセンをはじめて日本に紹介。29年戯曲「重盛」を発表し,以後新歌舞伎の発展につくした。昭和19年2月26日死去。76歳。大阪出身。本名は三郎。別号に愁風吟客。戯曲に「江戸城明渡」「桜時雨」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たかやすげっこう【高安月郊】

1869~1944) 詩人・劇作家。大阪生まれ。本名、三郎。抒情詩人として出発。新歌舞伎の脚本に佳作がある。イプセンの紹介者。戯曲「江戸城明渡」「桜時雨」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高安月郊
たかやすげっこう

[生]明治2(1869).2.16. 大阪
[没]1944.2.26. 東京
劇作家,詩人。本名,三郎。家業の医学を修めるために上京したが,文学に転じ,1896年チョボ,合方を全廃した戯曲『重盛』を刊行,以後歴史物戯曲に取組み,シェークスピアの『リア王』の翻案『闇と光』 (1902) を経て,出世作『江戸城明渡』 (03) を完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高安月郊
たかやすげっこう
(1869―1944)

詩人、劇作家、評論家。本名三郎。大阪生まれ。父が医師で医学を志して上京したが、文学に転じ、1891年(明治24)劇詩風小説『天無情』を発表。イプセンやドストエフスキーの翻訳を続けた。96年戯曲『重盛(しげもり)』で劇作家としてデビュー、『江戸城明渡(あけわたし)』(1903)、『桜時雨(しぐれ)』(1905)などで、新作歌舞伎(かぶき)作家として地位を固めた。その一方、『かぐや姫』など新舞踊、また詩、文芸評論などを発表、明治末から大正期にかけて劇界、文学界のリーダーとして活躍した。[水落 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高安月郊の言及

【新歌舞伎】より

…94年逍遥の《桐一葉》の《早稲田文学》への発表がそれであり,次いで99年松葉の《悪源太》,1904年前記《桐一葉》の舞台化が幕明けとなる。この《桐一葉》への賛辞が劇文学者輩出の機運を高め,高安月郊(1869‐1944。《江戸城明渡》《桜時雨》など),山崎紫紅(1875‐1939),岡鬼太郎岡本綺堂らの多くの作品が登場する。…

※「高安月郊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高安月郊の関連キーワード口語詩ジプシー歌集バリェインクラン繁野天来大いなる歌沢ゆき杉谷代水川柳(11代)ドン ザッキー山崎紫紅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone