コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高家肝煎 コウケキモイリ

デジタル大辞泉の解説

こうけ‐きもいり〔カウケ‐〕【高家肝煎】

江戸幕府の高家のうち、三人で月番をつとめ、職務を主宰したもの。従四位下侍従に任じられ、正四位上少将にまでのぼった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけきもいり【高家肝煎】

江戸幕府で高家のうちから選ばれ高家諸氏の差配にあたる者。通常三人で、月番制。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高家肝煎の関連キーワード吉良上野介(1641~1702)赤穂浪士(日本史)肝入り・肝入・肝煎吉良義央赤穂浪士江戸幕府浅野長矩肝煎り表高家差配

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android