コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月番 ツキバン

デジタル大辞泉の解説

つき‐ばん【月番】

1か月ずつ交代で勤務すること。また、その人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきばん【月番】

一か月ごとに交代で勤めをすること。また、その人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の月番の言及

【老中】より

… 老中の定員は4~5人で,先任者または家門など特別な家柄のものが老中首座として全体を統轄した。日常は江戸城中の御用部屋で,実務を担当する右筆(ゆうひつ)を指揮して政務を執るが,月番(つきばん)制になっており,大事は老中一同の連署で,小事は月番の老中1人の判によって執行された。日常的な命令の通達は老中から大目付に手渡される〈老中御書付(おかきつけ)(書付)〉などによって,諸大名,奉行などを経て全国に触れ流された。…

※「月番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

月番の関連キーワード増山金八(初代)大坂三郷惣会所田近儀左衛門玉川 ゆたか北町奉行所自分仕置令式守伊之助大坂町奉行黒川嘉兵衛紅白歌合戦江戸町奉行南町奉行所京都町奉行保科正之酒井忠清江戸町鑑外国奉行松平信綱ハナ 肇高家肝煎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月番の関連情報