水蘚(読み)ミズゴケ

デジタル大辞泉「水蘚」の解説

みず‐ごけ〔みづ‐〕【水×蘚/水×苔】

ミズゴケ科のせん類の総称。日本では約50種が知られ、高山や北日本の湿地に生え、長年の間に高層湿原をつくる。高さ5~15センチ、淡緑色で、茎から数本の枝が生して葉をつける。葉は吸水力が大きく、園芸の保水材に利用し、ピートモスともいう。
[類語]杉苔光蘚銭苔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android